ホーム » 未分類 » ホームホワイトニングのデメリット

ホームホワイトニングのデメリット

ホームホワイトニングは、家で手軽にできますし、効き目の持続が長いというメリットもありますが、効果が出るまでの期間が長いというデメリットもあります。一度行うだけで効果の実感できるオフィスホワイトニングと比べると、何週間もマウスピースを装着してやっと効果を実感できるホームホワイトニングは、人前に出る機会があるからすぐに歯を白くしたい人というには向かないでしょう。

ホームホワイトニングには欠かせないマウスピースですが、これを装着したことのない人には慣れるまでは少し大変かもしれません。マウスピースをつけたまま会話をすると発音しづらいという方もいます。これを一日二時間はつけていないといけませんし、医院によっては寝ている時間中などもっと長めの時間を推奨しているところもあるため、マウスピースを装着することに違和感がある人には向きません。

ホワイトニングの後半日から一日は、歯が着色しやすくなっているので、食事制限をする必要があります。ホワイトニングを続けている間はほぼ毎日ということになります。着色の原因となるタバコや、色の濃い食べ物は避けたほうがいいでしょう。飲み物だと、紅茶やウーロン茶、コーヒー、赤ワインなど。食べ物で言うとチョコレートやカレー、ブドウなどです。